記憶の切繪図 七十五年の回想

¥1,000

志村五郎
筑摩書房
2008年6月25日初

「第一には、私の時代、そしてまたその時代の気分を書くことを試みた。だから私の同時代人なら誰でも知っていることでも書いた。知っているから誰も書かないために消えてしまうことがあるからである。」はじめに

在庫切れ

B6判ハード 254p