戦間期の産業発展と産業組織 2 重化学工業化と独占

¥4,900

橋本寿朗/著 武田晴人/解題
東京大学出版会
2004年9月17日初

「独占体制の形成という資本主義の構造的な変化を捉えるとき、橋本は、それが資本主義の本来持っていた自律性の脆弱化と捉える立場に立っている。」解題

在庫あり

A5判ハード 横書き285p 
◆カバー・・コスレ多め/上下縁に折れ多め/裏表紙に若干黄ばみ ◆本体・・表紙・背・裏表紙の縁にコスレ少し/天・小口・地にスリキズ多め/小口の上角に若干折れ ・・・本体には目立つヨゴレはなく、きれいな状態です。
【送料¥295】

┃ひろがる本の世界