医とまごころの道標

¥1,280

森亘
東京大学出版会
2013年3月30日初

エッセイ集。森氏は平24年に逝去。 ◆「病理学者としてあまたの困難なケースを見てきたであろう父といえども、やはり家族の闘病は堪えたに違いない。母を看取り、数年後に死が一人称のものとなりつつあった時、父はそれをどう消化していったのかと今でも思うことがある。」あとがき(次女)

code: 10176ti6
カテゴリー:
タグ:

在庫切れ

B6判ハード 295p 帯