ウラニウム戦争 核開発を競った科学者たち

¥1,250

アミール・D・アクゼル/著 久保儀明・宮田卓爾/訳
青土社
2009年12月30日初

「圧巻はなんといっても原子爆弾の使用を巡る科学者と為政者の見解の対立である・・」訳者

在庫切れ

B6判ハード 321p 
◆カバー・・少スレヨゴレ/背(帯部分以外)の背景色がきつく褪色 ◆帯・・少コスレと少褪色 ◆本体・・天・小口・地に若干スリキズ ・・・本体には目立つヨゴレはなく、きれいな状態です。
【送料¥295】

┃ひろがる本の世界