「ねこのどどいつあいうえお」 のら書店 2005年発行 94ページ
織田道代/作 スズキコージ/絵

「どどいつ」は七・七・七・五のリズムで作られた歌です。
楽しい言葉遊びの絵本をかいておられる詩人の織田道代さんが、どどいつで猫のきままさ、愛らしさを歌いあげます。
七五調のノリが楽しくて、声に出して読むとさらにいいと思います。酔っ払って読むとめちゃくちゃのってきます。最高です。

猫およびネコ科がすきな私は、この本はとってもど真ん中。
「盗み上手な まあるい足で またも心を 盗む猫」 足音をたてない ピンクのかーわいい肉球で悩殺ですね。
猫のいいところ・わるいところ、すべて愛してる。そんな本です(だとおもいます)。
スズキコージ氏の挿し絵は、コラージュで素敵なのですが、かなり個性強くて独特なブキカワさ。孤高な猫の不思議さにぴったりあってる気がします。好きです。
姉妹編の「どうぶつどどいつ おもしろことばあいうえお(2003年発行 長新太/絵)」いろいろな動物を主人公にどどいつで表現しているこちらも面白いです。

 他作品に・・
「なにもなくても 〜ことばあそび絵本」こちらも言葉遊びの絵本。おもちゃがないから遊べない、なんてことはありません。ものづくし/ぬきことば/たぬきのしっぽ/かわりしりとり・あたまとり/さかだちことば/声・音・様子ことば/なぞなぞ/電報・・などたくさんの言葉遊びが掲載。親子で、友達同士で、あるいはご夫婦で。