「ゆきのひ」 偕成社 1969年12月発行 32ページ
エズラ・ジャック・キーツ/作 木島始(きじまはじめ)/訳
「THE SNOWY DAY 」Ezra Jack Keats 1962年

気温が高くて体がしんどいので、涼し気なタイトルを選んでみました。すこ~しでも涼しさが伝わればと思います。熱中症にお気をつけてどうぞお元気に過ごせますように。
「冬のある朝、ピーターは、目を覚まし、窓の外を見た。雪が夜中、降っていたんだ。どこをみても、雪が積もっていた。」
もうすでにそれで、わくわくが伝わってきます。何をして遊ぼうか?赤いマントを着て、お外へ飛び出す。
道路に積もった雪に足跡をつける、それだけでもう楽しいの、すごくわかります。
棒で線をひいてみたり、木の枝に積もった雪をつついたら、頭の上にどっさり落ちてきてしまったよ。
雪合戦には、ピーターはまだ小さくて仲間にいれてもらえない、それがちょっと不満。
にっこり笑う雪だるまを作ったり、雪の上に寝転がって、「天使のかたち」を作ってみたり。

雪遊びをおおいに楽しんだ、寒い一日というそれだけなストーリーなんです。
そうなんだけれども、雪が積もった、それだけでテンションマックスになる子供の楽しい気持ちが伝わってきます。
あたたかいおうちへ入る前に雪玉をこしらえて、ポケットにいれたピーター。明日、この雪玉で遊ぶんだ。
寝る前に、ポケットをさぐると・・雪がなくなっている、なんてこった! 悲しむピーターがかわいそうなんだけれども、なんだかちょっとおかしくて面白い。
だいじょうぶ、寒い日はまだ続き、雪遊びを楽しめます。

挿絵のうえに布やカラフルな紙を切って貼り付けたコラージュという技法を使って描かれて色あいがとてもかわいらしいです。
見返しの雪の結晶が美しくって、こんぺいとうみたいでおいしそうなんです。
エズラ・ジャック・キーツは、この絵本でアメリカの優れた絵本に授与されるコルデコット賞を受賞。ピーターの登場する絵本がほかにも6冊あります。ルイという少年を主人公にした絵本など、ほかにもたくさん描いておられます。
「ピーターのいす」「ピーターのくちぶえ」「ピーターのめがね」「ピーターのてがみ」「やぁ、ねこくん!(この絵本ではピーターは準主役)」「いきものくらべ!」