「セーラーとペッカ、町へいく」(セーラーとペッカシリーズ1) 偕成社 2007年 スウェーデン
ヨックム・ノードストリューム/イラスト 菱木晃子/訳

このところ北欧ミステリを読んでいます。絵本も北欧モノを、と探していて発見した本です。スウェーデンの絵本です。あまりに不思議な読後感だったものですから、ご紹介したくなりました。

セーラーは元船乗り、ペッカは服を着て後ろ足と前足に靴をはいてる犬です。朝起きるとセーターが見つからなかったセーラーは町へ買いに出かけます。上半身は裸サスペンダー、といういでたち。(寒くないの?!)髪がのびたから散髪する(犬が散髪?)というペッカとともに車に乗って出発したのですが、車から煙がでて動かなくなります(いきなり故障する?!)。ラッパをなくしてピエロが泣いている(スティーブン・キングの「イット」思い出すわ)のに出会います。歩いてやってきた町には人間もいますが、うさぎ(これが?)のご夫婦ですとかなんともつかない不思議な造形の生き物たちもたくさんいます。いろいろな服を試着し、無事セーター購入。用事を済ませたセーラーはついでにタトゥー(絵本で刺青する主人公は初めてみたかも)をいれにいきます。最後に町で車の修理屋さんを頼み家まで一緒に帰ります。ちなみにピエロのラッパは猿が勝手に持っていっていたのでした。

ざっとあったことを書くとこんな感じの絵本です。あるスウェーデン人の一日を描写した、という感じでさほど起伏にとんだお話ではないし、かなり独特な挿絵なので、こどもはこの絵本を読んで楽しめるのだろうか、スウェーデンらしさなのか、文化の違いなのか、絵本とはなんだろうか、と少し悩みます。作者のノードストリュームさんの本職は「現代美術家」であるそう。ははぁー、なるほどね〜。   いや、楽しい絵本なのですよ、ほんとほんと。嘘じゃないですって。なんというか、癖になると言うか。うーん、きっといろいろツッコミを入れて楽しむ絵本なのでしょう。
2作目の「いったいどうした?セーラーとペッカ」では、病気になったセーラーのため、ペッカがお薬を買いに町へいきます。セーラーは熱にうなされ悪夢を見るのですが、そのシーンが・・不思議というかコワい。シリーズ通して不思議絵本です。おそらくスウェーデンの日常を、怖いもの見たさでどうぞお試しください。一緒にこの不思議を味わいませんか。さあさあ、セラペカワールドへご一緒に・・・・・・・

セーラーとペッカは、全5冊のシリーズです。「セーラーとペッカの日曜日」「セーラーとペッカの運だめし」「セーラーとペッカは似た者どうし」