「きょうのごはん」 偕成社 2012年9月発行
加藤休ミ/著

くいしんぼうなのでたべもの絵本が大好きです。表紙のおいしそうに焼けたサンマに惹かれ手にとった一冊。これがまたおいしそうで、あぶらののった香ばしいにおいがしてきそうなリアル挿絵なのです。
猫が町を歩いていく。こちらの晩御飯はなあに?といろんなお家をのぞき込んでいく。(なんかのテレビ突撃番組をおもいだしますね)カリッと揚がったコロッケがうまそうなのだ! 他にも、家族みんなで作ったカレー、お父さんが作ったオムライス、お祝いの豪華な出前だったりと、みなさま様々なご飯の時間を過ごしていておいしそうで幸せそうなのがとてもよい読み心地。今日のご飯は何かなあと食欲のわく絵本です。
加藤休ミさんは”北海道出身。クレヨンとクレパスを用いた画法で、ノスタルジックな情景や滑稽味のある人物、リアルな食べ物の絵を得意とする。”
「クレヨンで描いたおいしい魚図鑑」さかなサカナ魚!魚のお料理図鑑です。たまらなくおいしそうです。