「あたまにつまった石ころが」  光村教育図書
キャロル・オーティス・ハースト/作  ジェイムズ・スティーブンソン/絵  千葉茂樹/訳

石が大好きだった作者のお父さんのお話だそうです。石ころ集めに夢中だったので、ポケットの中だけではなく、頭にも石が詰まっていると言われた作者のお父さん。世界恐慌で経済が停滞、大変に苦しい生活であったようですが、ただただひたむきに鉱石について勉強し、コツコツ集め、情熱を傾けました。
「石が好きだなんて、頭に石がつまっている(馬鹿げている)」と、言われることもありました。厳しい生活の中、その情熱が揺らぐこともきっとあったでしょう。それでも好きなものを好きでいた、その心の強さを尊敬します。努力が実を結んだことにホッとします。きれいな石たちの挿絵も素敵です。良い絵本です。これを読んでぐっとくる年齢は、やや高めでしょうかね。大人におすすめしたい一冊です