「クリスマスのちいさなおくりもの」 福音館書店 2010年10月発行(こどものとも版は2006年12月発行) 32ページ
アリスン・アトリー/作 上條由美子/訳 山内ふじ江/絵
原著「THE CHRISTMAS SURPRISE」 Alison Uttley 1970年

うちではまったく通常に過ごす12月25日のクリスマスですが、寒さ厳しくなるこの時期に心が暖かくなる物語が読みたくて、クリスマス絵本を手にとります。特にこの絵本、猫絵が可愛らしくて好きなのです。青い上着が似合ってる・かっこいい・リーダーシップを発揮する姉御な猫のおかみさんがステキ。
こちらのお宅は、お母さんが入院中。クリスマスのお祝いが何も用意されていません。子どもたちは小さいし、おとうさんはふさぎ込んでしまって何もできていないのです。この寂しい様子に、ねずみたちがねこになんとかしてあげてください、と頼みます。
暖炉の前にどっしり構えたねこのおかみさんが、しようがないねてな顔をしつつ大得意でキリリと指図を始めます。

まずは、くつしたの準備。プレゼント授受に必須ですね。ねずみたちの小さな小さな靴下もたくさんならんでかわいいこと。
おつぎは、料理。クリスマスのごちそう、ミンスパイとケーキを作りましょう。
ミンスパイは、ミンスミートが入った小さな焼き菓子です。ミンスミートとは「干しぶどう・ドライフルーツ・柑橘類の皮を細かく刻み、ブランデー・砂糖で煮込んだもの」だそうです。洋風なあんこという感じでしょうか。はあ~おいしそうですね。
ケーキは、スグリ・レーズン・クルミのはいったもの。生クリームいちごだとかではなくてわりとシンプルな感じですが、おいしそうですね!ねずみたちが小さな体でいっしょうけんめい、材料を運んだりおさじで混ぜたり。ねこのおかみさんとねずみたちが、協力して作り上げていくのが楽しいですね。本来なら、ねことねずみは仲が良くないけれど、何しろ今夜はクリスマスイブ。みんなが仲良くする夜なのです。

さて、今度はお部屋の飾り付け。クモのおばあさんが銀の糸を張りめぐらせます。そこへねずみたちが紙をかじって作った作ったピンクのバラ、空色のスミレ、紫のユリのお飾りをかざっていきます。
ねこは、さらに働きますよ。雪の積もった森へでかけていきます。ねこは寒がりといいますが、外へいくなんてガンバリますよね。このおうちの人達を愛しているのが伝わってきます。

ねこがいなくなってねずみたちがほっとしています。仲良くする日といえやはりこわいんですね。お飾りがくもの糸につけていきます。カラフルなレースのカーテンのようでとってもきれい。そこへ、雪をかぶったねこが、小さなもみの木と柊とヤドリギの小枝をかかえて帰ってきます。おつかれさま、ねこさん。
そしてみんなで、焼き上がったケーキやパイを感心してながめたり、においをかいだりするのです。素晴らしい飾り付けとおいしそうなごちそうが完成し、ねこ・ねずみの満足感があらわれてとても素敵なシーンです。
そして、時計が12時をさします。主役の登場。サンタさんがこどもたちへのプレゼントを持ってあらわれます。素敵な飾り付けで迎えてもらいうれしそうなサンタさんは、頑張ったクモさん、ねずみたち、ねこのおかみさんにもおくりもの。最後に裏表紙をごらんあれ。ここにもうれしそうな顔が。
気持ちがほっとする物語です。なんだかちょっと疲れてしまって癒やされたい~ というかたにおすすめしたい絵本です。
山内ふじ江さんの猫のやわらかで美しい曲線と猫らしい鋭い表情の挿絵がほんとに素晴らしいとおもうのです。猫好きなかたにもおすすめしたい。