今回は、マドレーヌの絵本をご紹介。美しいパリの風景を絵本のなかに取り込んだ旅心のわく絵本です。
ベーメルマンスは、1898年生まれ、オーストリア=ハンガリー・チロル地方のメラン(現在のイタリア)で誕生。画家を目指していたが挫折。16歳でアメリカに移住しホテルので働いたのち、レストランオーナーに。ベーメルマンスがレストランの壁に描いた絵を見た編集者が絵本を描くことをすすめた・・という経歴のかたです。16歳で渡米とは、時代もあるとおもいますがなかなか肝っ玉がすわってますね。

「げんきなマドレーヌ」 福音館書店 1972年11月発行 46ページ
ルドウィッヒ・ベーメルマンス/作、画 瀬田貞二/訳
原著「MADELINE」 Ludwig Bemelmans 1939年

「パリの、つたのからんだあるふるいやしきに、
12にんのおんなのこが、くらしていました。
2れつになって、パンをたべ、
2れつになって、はをみがき、
2れつになって、やすみました。
2れつになって、9じはんに、ふっても、てっても、さんぽにでました。
なかでいちばんおちびさんが、マドレーヌです。」
寄宿舎に暮らす12人の女の子たちと、先生のミス・クラベルのおはなしです。

実はこどものころあまり好きなお話ではなかったのですが、おとなになって読んでみるとなんだかいいなあ、とおもうようになりました。ねずみも虎も怖くない強いマドレーヌが羨ましかったのかもしれません。虫垂炎になったのと小柄なのだけが共通点。怖がりでスポーツ苦手、いさましさなんてない、そんなだからか反発してしまったのかなあと今はおもいます。

ねずみなんか怖くないし、動物園の虎だってへいちゃら。冬の寒さも、なんのその、スケートも大好き。生徒の中で一番小さいけど、元気な女の子の物語がはじまるぞ、というところで、マドレーヌが盲腸炎で入院します。
タイトルを見事に裏切るストーリー運び。大丈夫なの、マドレーヌ。
2時間の手術のあと、病室で目が覚めます。右側のページに大きく鉢植えのお花が描かれています。なんだか斬新。左側のページには救急車と暗いパリの光景が描かれているので、その対比のためとても明るく感じます。お腹の痛みが消えた安心感が伝わってきますね。
入院したマドレーヌを、仲間の11人とミス・クラベルが、お見舞いに。夜、痛みに苦しむマドレーヌを涙で見送った11人の少女たちは「入院」とはどんなものか、よくわからないものですから、女の子たちは、「ぬきあしさしあし」おそるおそる病室へ入っていきます。
病室には、キャンディの入った箱、お人形と人形のおうち、ベッドには風船、などおもちゃがたくさん。待遇の良さに、みんな羨ましげ。なんといっても一番たまげたのは、おなかの盲腸手術のキズあと、勇気の印を、みんなに見せます。痛かったのよ!どうよこれ!すごいでしょ!というマドレーヌの誇らしげな顔。
その夜、11人の少女たちは、わんわん泣きます。ミス・クラベルは、「一大事かと心配で、走りに走って、駆けつけて」少女たちの部屋に。マドレーヌが羨ましくって仮病をつかってます。「盲腸をきってちょうだいよー。」

一番すきなのは、やはりミス・クラベルですね。人前に出るときに頭につけ髪を隠す修道女のかぶりもの(ウィンプルというらしいです)をどんな時も忘れない、そして、子どもたちのために、階段や廊下を走りに走って駆けつける。信頼できる大人と感じます。

ルドウィッヒ・ベーメルマンスが描いたマドレーヌシリーズが瀬田貞二さんの訳で4冊、江國香織さんの訳で2冊。瀬田貞二さんのちょっと古めかしい言葉の訳が好きです。「たまげる」「すんでにおぼれる」「もくずになるみ」「あっかん」「こはいちだいじ」ですとか。今だとちょっと分かりづらいかもしれませんが、雰囲気がでていて楽しいです。
お孫さんのジョン・ベーメルマンス・マルシアーノさんが続きを引き継いで描いているそうです。

なぜ、子供の頃あまり好きではないと思ったのか、もう一度考えてみたのですが、どうしてこの女の子たちとミス・クラベルだけで暮らしているのだろう?ちょっと寂しそうだなあ・・と感じたように思います。寄宿舎のことを理解していなかったのですね。(でもやっぱりちょっと寂しい感じがあります。)それから12人の女の子たちの見分けがつかない(つきづらい?)のも一因かも。どの子がマドレーヌかなあ、と探すのが楽しいのかもしれませんけれど。他の女の子たちの名前も書いていてほしかったのかなあ、とも思いました。
マドレーヌシリーズ 訳者・原著発行年/日本発行年
「マドレーヌといぬ」瀬田貞二・1953/1973「マドレーヌといたずらっこ」瀬田貞二・1956/1973「マドレーヌのクリスマス」江國香織・1956/2000「マドレーヌとジプシー」瀬田貞二・1958/1973「ロンドンのマドレーヌ」江國香織・1961/2001