「頭のうちどころが悪かった熊の話」 理論社 134ページ 2007年4月発行
安東みきえ/作 下和田サチヨ/装画・挿画

なんともすごいタイトルです。ぶっ飛んだ目つきをした熊の表紙絵と相まって手に取らずにはいられないインパクト。こういうタイトル、大好き。子供向けに発行されたもののようですが、大人が読んでも満足できる、シュールでちょっと苦みのあるユーモアを織り込んだ寓話7編。

「頭のうちどころが悪かった熊の話」頭をぶつけ記憶を失った熊。だが、”レディベア”というものが大事であることは忘れていなかった。レディベアを捜し歩く熊と出会った動物たちとの会話が良い。
「いただきます」男が虎と出会ってしまった。だが虎はメソメソ泣いていた。さっき食べた狐が腹の中で悲しんでいる、その理由が知りたいと。腹の中の狐もまた悲しんでいた、さっき食べた鶏が泣いていると。そのまた腹の中の鶏もまた悲しんでいた、さっき食べたトカゲが泣いている理由が知りたいと・・。落ちがとてもよい。
「ないものねだりのカラス」自分の羽根の色の黒さを許せないカラスは、きれいなものが好き。あるとき向かいの木にシラサギがいるのに気がついた。あんな美しい鳥と仲良くなれたら・・。
「池の中の王様」ヤゴとおたまじゃくしは本来、捕食・被食の関係ですが、その彼らは友情を築きました。子供時代の約束、そして大人になった二人の心からの言葉に、胸がぐうっときます。
ほか3編のタイトル「ヘビの恩返し」「りっぱな牡鹿」「お客さまはお月さま」